知ってもらいたい木の魅力1

”人にやさしい”

木材は柔軟性を持つパイプ状の細胞でできています。
この構造やそこに含まれる成分は、私達に様々な良い影響を与えてくれます。

 

 私たちの生活における木材の主なメリット

 

1 空気中の湿度が高くなると水分を吸収し、低くなると放出する調湿機能があるので、温度変化による湿度の変動を小さく抑えて快適な住環境を作り出す他、カビや細菌の繁殖も抑制します。 木材はまさに天然のエアコンです。
2 熱を伝えにくい暖かみのある素材で、直接手足に触れる階段の手すりや浴槽、風呂場のスノコ等に使用されます。
3 耐水性、耐湿性の高い材種があります。
桧、桧葉(ひば)、杉の心材、椹(さわら)、栗など が代表的です。
4 衝撃を受けたとき、柔軟に変形して衝撃を吸収し、クッションの役割を果たすので、壁や床に上手に使用すると、転倒等による怪我を防止してくれます。
5 紫外線等波長の短い光を吸収します。
また、材面には細かな凹凸があり、これが光を適度に散乱させ、目に与える刺激を小さくします。
6 適度に音を吸収し、音をまろやかにします。
7 様々な有効成分を含んでいます。 例えばクスノキから抽出される樟脳には防虫作用があり、青森ヒバ等から抽出されるヒノキチオールには強い抗菌性があります。 最近の研究では、ヒノキの精油にO-157に対する抗菌性のあることが確認されています。抗菌性、防虫性の高い材種として 桧、樟(くすのき)、桧葉(ひば)などが代表的です。
8 人に優しく、五感に潤いを与えてくれます。

Comments are closed.