森林の大きな役目

水害から守ってくれる

水害から守ってくれる
 森に降る雨は『木』の葉・枝・幹を伝い、落ち葉・落枝・樹の根などに止まりながら多くの時間をかけて土の中の地下水流に。
 そしてさらにゆっくりと私たちの生活する下流域まで流れてきます。
 この速度はとてもゆるやかで、一日に4cm~20mの速度。
 なんと、森から私たちの街までは4年~2000年の時間をかけて流れてきます!この流れの遅さが地球のみずみずしさを保つ『保水力機能』になっています。

 


水害から守ってくれる


Comments are closed.